2011年08月11日

松下幸之助 一日一話 8月10日

8月10日 欲望は生命力の発現

“欲の深い人”というと、ふつうはよくない人の代名詞として使われているようだ。いわゆる欲に目がくらんで人を殺したり金を盗んだりする事件があまりにも多いためであろう。

しかし、人間の欲望というものは、決して悪の根源ではなく、人間の生命力の現われであると思う。たとえて言えば船を動かす蒸気力のようなものであろう。だからこれを悪としてその絶滅をはかろうとすると、船を止めてしまうのと同じく、人間の生命をも断ってしまわねばならぬことになる。つまり欲望それ自体は善でも悪でもなく、生そのものであり、力だといってよい。だからその欲望をいかに善に用いるかということこそ大事だと思う。

--------------------------------------------------------------------------------

グリードの名言が思い出そう。。。「金も欲しい、女も欲しい、この世のすべてが欲しい!!!」
ホムンクルスの中に一番人間に近いやつ、むしろ一部のほんとの人間よりも素直で単純だって思ってしまう。

FULLMETAL_ALCHEMIST_13_10.jpg
posted by 雲 at 12:49| 千葉 | Comment(0) | 一日一話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松下幸之助 一日一話 8月8日

8月8日 素直にありがたさを認める

今日、みなさんがこの会社に入社することができたのは、一つにはみなさんの努力によるものでしょう。しかし決して自分一人の力でこうなったとうぬぼれてはなりません。会社にしましても、世間からごひいきをいただいているからこそ、今日こうして成り立っているのです。

ですから、個人にしても会社にしても、あるいは国の場合でも、やはり謙虚にものを考え、その物事の成り立っている背景なり人びとの恩恵というものを、正しく認識しなければなりません。そして、協力してくださる相手に対しては素直に喜びと感謝の念を表わし、自分たちもこれに相応した働きをしていくことが大切だと思います。

--------------------------------------------------------------------------------

おそらく入社式に当たって松下さんが新入社員に対して話してくれた言葉だろ。。。
ところで、日本の企業の入社式ってみんなさんわかるかな、想像付きそうもなかった僕が日本に来て大体イメージ出来た。日本の企業特に大手なら基本的に新卒採用だけ行う、それと伴う新入社員の教育や研修も充実に設けるようになっているし、新米が入る際にも社長からの思いや期待など思い切り注いで行く。。。
posted by 雲 at 12:13| 千葉 | Comment(0) | 一日一話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松下幸之助 一日一話 8月7日

8月7日 利益が先か地盤が先か

先般ある関係会社へ行って、課長以上の人に集まってもらったときに“利益をあげることが先ですか、それとも地盤づくりが先ですか”という質問が出ました。それに対して私は“わが社は5人のときには5人の、10人になれば10人の、さらに1000人になれば1000人の企業にふさわしい利益を上げてきた。そうしたことの連続が今日の成功になった。もし5人だから、10人だからまだよいだろうと思っていたならば今日の姿はない。だからこの会社も利益を上げつつ地盤をつくっていく以外にないと思う”と答えたのです。私は世の中すべての経営というものは、そういうところにポイントがあるのではないかと思うのです。
posted by 雲 at 12:02| 千葉 | Comment(0) | 一日一話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。