2011年08月11日

松下幸之助 一日一話 8月6日

8月6日 自分をほめる心境

私はいま、二十代の夏の日のことをなつかしく思い出します。日のあるうちいっぱい仕事をし、晩にはタライに湯を入れて行水をするのです。仕事を終えたあとの行水は非常にさわやかで、“自分ながらきょう一日よく働いたなァ”という満足感を味わったものです。

自分ながらきょうはよくやった、と言って自分をほめる、自分をいたわるという心境、そういうところに私は何だか生き甲斐というものを感じていたように思うのです。

お互い毎日の仕事の中で、自分で自分をほめてあげたいという心境になる日を、一日でも多く持ちたい、そういう日をつみ重ねたいものだと思います。

--------------------------------------------------------------------------------

同感だって言いたいところだが、まだまだ精一杯頑張って取り込もうとした日なんかなかったなって気がする。。。まったく情けない

ma_101.jpg
posted by 雲 at 12:00| 千葉 | Comment(0) | 一日一話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松下幸之助 一日一話 8月5日

8月5日 政府を助ける心がまえ

政府は、国民の人気を得なければならないから、なかなか国民に対してイヤなことは言いにくい。だから、だれに対しても、助けましょう、助けましょうと言いがちである。

けれども、われわれは政府に頼りすぎてはならない。他をたのまずしてみずからの力で、自分でできる範囲のことを着実にやっていく。そういう気持なり態度というものが最も大切であると思う。

そして、政府に救済してもらうというよりも、むしろわれわれ国民の方から政府を助け、社会の進展に寄与していく。そういう心がまえをお互いに持つことが肝要ではないかと思うのである。

--------------------------------------------------------------------------------

政府を助け。。。か、自分は中国人でこういう文章に対しては沈黙しちゃいそう。それも中国人と日本人の大違いかもしれない。中国人は頭から上の者を信じない、だからこそ、思いやりもなく、不信や不安をいつも持っている。逆に日本人の場合、チームワークを重視し、ガキの頃から団体意識を養われて来た、結果としてどんなことやどんな相手に対しても先に考えるのは相手のこと、すなわち思いやりの精神。

でもほんとは思いやりが溢れる世界の方が幸せかも。。。
posted by 雲 at 11:43| 千葉 | Comment(0) | 一日一話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松下幸之助 一日一話 8月4日

8月4日 もっと厳しく

昔の武士は朝早くから道場に出て血のにじむような稽古にはげんだという。そして師範や先輩たちの木刀を身にあびながら、何くそと立ち向ううちにおのずと腕も上達していった。また商人であれば、丁稚奉公からつとめはじめ、主人や番頭に横っ面の一つも張られながら、おじぎの仕方からものの言い方まで一つ一つ教えられつつ、商人としてのものの見方、考え方を養っていったわけである。

もちろんそのような修業の過程には、好ましくない面もあったであろう。しかし、少なくともそうした厳しい修業が人を鍛え、その真価を発揮させる上に役立ったと思う。それは今日にも通用することであろう。

--------------------------------------------------------------------------------

だから、もっと自分に厳しくしようと。。。正直、僕は自分に対しても他人に対してもちょっと厳しい人かもしれないって自覚している。まぁ、それは自分と身近にいる人と一緒にどんどん前に進んでほしいわけであって、単純な思想じゃないかなって思ってる。

しかし、人間っていうのはそれぞれで各自に別々な考え方や生き方がある。がんがんと働きお金を集めようとする人もいれば、にやにやとごますりして出世ばかり考えている人もいる、更に呑気にニートとして生きてゆける人も少なくない。。。だからこそ、人々は負け組と勝ち組で分けられる。

そこで、また人が「なんでそんなわけ方で人を差別化するんだ」って叫んで来る。確かに、人間は犬ではない、自分の正しいと思ってる道であれば歩いていい。ううん、もしもこう言った理屈が通ればまた人間社会から動物社会に逆戻りになる気がして、やはり人間っていうのは愚かで社会の評価に囲まれ、脱出できんし、ほんとに世間に気にしない人の方が賢いかもわからんな。。。

kachigumi-toka.jpg
posted by 雲 at 11:23| 千葉 | Comment(0) | 一日一話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。