2011年08月11日

松下幸之助 一日一話 8月3日

8月3日 強固な精神力を

その昔、日蓮上人は、ただ一人の聴衆の姿も見えないという時にでも巷に立って、わが信念を説いたと言います。何をほざくかと馬糞を投げられ、石を投げられ、さんざんな悔辱を蒙っても、彼はビクともせず、日本の安泰のために、民衆の幸福のために、わが信念を傾けました。日蓮上人のそういう態度と比べてみると、われわれとは同じ人間でありながら、たいへんな相違があるなという感じがします。

いま、われわれに必要なのは、日蓮上人のあの強固な精神力です。日蓮上人とまではいかなくとも、せめて自分の仕事に一つの使命を感じ、これに情熱を傾けて精進する積極的な自主独立の精神を養いたいものです。

--------------------------------------------------------------------------------

僕の理解として、強固な精神力っていうのは強い心で、すなわち、世界のどんなどこに置かれても一人で未知を直面でき、そしてすべての苦痛や試練を乗り越え、自分の世界にする力である。

里を去って海を渡り、こっち来て三年半経った。自分としては強い心を養成したつもりでやって来たけど、まだまだ弱くてまだまだ強いとは言えないかなってついつい考えちゃう。。。

06-saisiki-nitiren1.jpg

ちなみに日蓮上人の彫像らしい。。。ちなみにな
posted by 雲 at 10:51| 千葉 | Comment(0) | 一日一話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。