2011年08月11日

松下幸之助 一日一話 8月2日

8月 2日 人間は初めから人間である

人間はその歴史において、さまざまな知識を養い、道具をつくり出して生活を向上させてきました。しかし私は、人間の本質そのものは初めから変わっていないと思います。人間はもともと人間であって、人間そのものとして向上してきたと思うのです。私は人間が猿から進歩したというような考え方に対しては、疑問を持っています。猿はやはり最初から猿であり、虎は最初から虎であり、人間は最初から人間であると思うのです。

人間は初めから人間としての素質、性質を与えられ、みずからの努力によって知識を進め、道具をこしらえて、みずからの生活を高めてきた、それが人間の歴史だと思うのです。

--------------------------------------------------------------------------------

もうすっかり時間に追われる生活に陥って、ブログの更新さえ出来ないくらい忙しかった。まぁ、それでも、うちの仕事は植物関連で夏場はそもそも植物のシーズンだって納得しちゃう。

早く、そして元気に育てるといいなって願うけど、、、植物は人間じゃあるまいし、人間の思い通りに成長してくれるとは保障できん。。。が、逆に考えてたら植物や動物よりは人間の方がよっぽとコントロールしづらいじゃないかな。。。

nae.jpg
posted by 雲 at 10:38| 千葉 | Comment(2) | 一日一話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いきなり十話も…笑っちゃった。
緑の芽めちゃめちゃかわいい〜
こんな植物を見て、何複雑そうなこと考えてるよ…
Posted by Ditsuy at 2011年08月11日 18:43
久しぶりに都合付くから、一気にかけていた分を追いつけたや。。。
Posted by クモ at 2011年08月11日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。