2011年06月29日

自己紹介メーカ

ヤフーで自己紹介にいつての文章を調べてたら、「自己紹介メーカ」っていうソフトウェアも出てきて、面白おかしかった。

それで、気になってて、自分もやって見た。ここで「剣持」って入力して出て来た結果をみんなに見せよう。

introduce.jpg

サイトはここだ
http://bluesnap.net/unique/introduce.htm
ページには「名前入力」の空白があって、中に自分の名前を入力して、隣の診断のボタンをクリックすると、結果が出てくる。面白い文書出たら、教えて〜
めちゃくちゃ面白いなって思うので、みんなもどんどん活用してな。。。
posted by 雲 at 17:32| 千葉 ☀| Comment(2) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己紹介の文例

prof.png

自己紹介の文章というのは、色々あります。

まず、学校生活の話しに触れたり、趣味の話しに触れたり
その内容はそれぞれなので、一概にはなんとも言えません。

ただ、内容が幼稚すぎるようなものや
箇条書き、短い文章過ぎて、自分という人間がどういう人間なのかが伝わらない…
そういったことは避けた方が良いでしょう。


人の数だけあると言っても良いので、主だった例文というのはありませんが…
ここでは、一つの例文を挙げてみましょう。


・例文・


私の名前は××と言います。

趣味として読書が大好きで、小さい頃からたくさんの本を読んできました。
図書委員を連続で務めるほどの本好きです。
なので、学校では国語が一番得意な科目でした。

好きな食べ物は●●で、◎◎は少し苦手です。

好きなことは、皆でワイワイする事です。
なので、皆と仲良く出来たらいいなと思います。



これは、新しいクラスになった時などの例文ですね。

自己紹介なので、好きな食べ物、好きな言葉、好きな遊び…
色々な自分の事を皆に知ってもらえるような文章を作りましょう。
posted by 雲 at 17:13| 千葉 ☀| Comment(0) | 役に立つ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己紹介の森

hikkosi1.jpg

自己紹介の森

@名前の由来で印象付ける

みなさんはご自身の名前の由来を知っていますか??

優子さんなら、「優しい人になってほしい」とか幸一さんなら、「一番の幸せを掴む人になってほしい」などありますね。
ご両親は大抵頭を悩ませてあなたの名前を決めています。
これを自己紹介で活用するのも名前を早く覚えてもらい印象付けるのに役に立ちます。

漢字から意味を取って名前をつけていることが多いので名前を正確に覚えてもらうにも約に立ちます。
もちろん名字に応用しても大丈夫です。
自分の名字の名前の由来を知っているのであれば、そのことを自己紹介に混ぜるといいでしょう。
ドラマの関係で、最近人気の坂本龍馬。
私の友人で坂本という名前で祖先が高知の人間がいるのですが、どうやら農民が名字をつけていいと言われた時に、坂本龍馬をしたって坂本とつけたらしいのです。
彼は自己紹介でこれを利用して「坂本です。子孫ではありませんが、幕末の維新志士坂本龍馬から取った坂本です。」などと言っています。
すぐに名前が印象付けられていいですよね。

歴史上の人物ではなくてもみんなが共通で認識できる有名人なら使えますよね。

Aニックネームで印象付ける

名前を覚えるのが苦手だという人がたくさんいます。

何度聞いても覚えられない、すぐに忘れてしまうという人です。
その人に興味がないから覚えられないという人もたくさんいると思います。

しかし、名前をすぐに覚えれる人もいます。
やり手の営業マンなどは一回あっただけですぐに名前を覚えます。
これはなぜなのでしょうか??
記憶力が良いという人もいますが、全員ではありません。
名前を覚えるのが早い人は、名前を聞いたときに「関連付け」を頭の中でして印象から名前がすぐにでるようにしているんですね。
これを逆に自己紹介でも利用します。
自分の名前とニックネームを印象付けて覚えてもらうという方法です。
一番多いのが名前そのものつけるニックネームですね。
例えば、小松さん。
こまっちゃんなどと呼ばれることが多いですね。
自己紹介で「小松です。よく人からこまっちゃん、こまっちゃんと呼ばれます。」などと言うとこまっちゃんという言葉が頭に残り名前を覚えてもらいやすくなります。
名前の読み違いを利用する方法もあります。
大鳥さんであれば、「大鳥です。よく鳥を島と間違えて大島と呼ばれることがあります。」などという工夫もあると思います。
あとは、名前を覚えてもらうには使えないかもしれませんがその人の特徴からニックネームをつけるのもあります。
早口な斉藤さんが「斉藤です。早口なので機関銃と呼ばれます。」などと言うと印象が強く残ります。
私が高校入学のころに変わった人がいて自己紹介で自分の嫌いなものを言っている人がいました。
「田中です。バナナは嫌いなので近づけないでください。」などといって笑いをとっていました。
もちろん印象に強く残ったためすぐにみんなの頭の中に焼きつきましたね。

これらの名前と何かの関連付けは人の頭にイメージを残すため使いやすいでしょう。
ただ場所と時をしっかり考えて使ってくださいね。


B名前を覚えてもらうための工夫

もし、あなたがしっかりと自分の名前を覚えてほしい、正しい漢字で覚えてほしいのであれば青島刑事のようなちょっとした工夫が必要になります。

耳だけで聞かされても人間はなかなか覚える事ができません。

それに人によっては違う漢字を思い浮かべてしまう人も多いでしょう。
例えば、「イトウ」さん。
大体は「伊藤」という漢字ですが、「伊東」という漢字の人もそこそこいます。
この場合は
「伊東です。伊東のトウですが、一般的な藤(ふじ)という字ではなく、東西南北の東という漢字です。」
とか場所によっては、「伊東温泉の伊東です。」なども使えるでしょう。
これは別に漢字をしっかり覚えてもらうためだけではなく、自分の名前を繰り返し言って覚えてもらうための方法なのです。
名前も知らない人と人間はなかなか近づけません。
だから最初に印象付けをしっかりとやりましょう。
いくつか例を挙げますね。

【森田さん】
「森田です。森は、木3つ書く森です。」

【坂本】
「坂本です。坂は土編の坂の方です。本(もと)は読書の本(ほん)と書きます。」

【白石さん】
「白石です。白い石と書きます。」

かなり一般的な名前を書きましたが、これらは営業での初対面やサークルでの自己紹介では有効な自己紹介方法です。
上記例以外にも、有名人や地名などみんなが知っていることと結びつけても◎ですよ。

自分の名前もしっかり言えるようにしましょう。

C見た目も大切

人間は5感から情報を得ます。
自己紹介も同じで、視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚の5つから情報を得ます。
この中で一番多くの情報を得ているのが「視覚」なんです。
おそらくたくさんの人が経験上理解しているのではないでしょうか?

第一印象でなんとなく「嫌だな・・・」と思うとなかなか近寄れなくなってしまいますよね。
自己紹介などをするとなると一生懸命中身を考える人はたくさんいますが外見まで気にする人は少ないのではないでしょうか??

もし中身を考える時間がなければ、当たり障りない挨拶で大丈夫です。
ただし、見た目の「清潔感」や「態度」をしっかりとするようにしましょう。

自己紹介で名前を呼ばれて前にでる、またはその場で立つところから自己紹介ははじまっており、周りの人の「目」での情報収集ははじまっています。
きちっと立ち上がり、しっかり背筋を伸ばして歩きましょう。
また普段は気にしていない「癖」なども気をつけましょう。

前に出てやたら手をいじるひと
頭を常に掻いている人
下を向いてぶつぶつ話す人
「えー」「あー」とつなぎ言葉の多い人

癖を直すのは大変ですが、自己紹介のときだけでも気をつけましょう。

また「傲慢な態度」「へつらう態度」「気取った」態度なども気をつけましょう。

しっかり落ち着いてゆっくりと丁寧に自分の中の良い友人に話しかけるように話しましょう。

D自己紹介は聞き手ありき

自己紹介をする時は、自分ばかりに気をとられてはいけません。
聞き手が居てこその自己紹介なのですから。
インパクトを残すために「一発芸」などをやる人も居ますが、
こんな時は注意が必要です。

「一発芸をやったら場がしらけた」なんてこともよくあることです。
自己紹介のときは、相手の様子をしっかり見て常識的な考えに従うようにしましょう。
話すことがないからと言って「こんな場を設けられても、話すことがないし・・・」などと自分勝手な発言は控えましょう。
誰も好き好んで自己紹介を聞きたいわけではないでしょう。
しかし、時間をとってあなたを知ろうとしてくれているのですから話すことがなくても「思いやり」のある一言ぐらい言えるはずです。
例えば、「話すことがない」ではなく、「みなさんの前で緊張している」ぐらいは言えるでしょう。
逆にここぞとばかりに話しまくる人もいます。

あくまで自己紹介の場であり、あなたの全てを知ってもらう場ではないということをしっかり意識しておきましょう。
相手にインパクトを与えるよりは、まず不快な印象を与えないことを心がけるべきでしょう。
自分の印象はおいおいしっかりとつけていけば良いのです。

自己紹介の場では「自分」より「他人」を意識するようにしましょう。

posted by 雲 at 16:50| 千葉 ☀| Comment(0) | 役に立つ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。